IFA転職

IFAを副業で始めるという選択。副業に向いている理由と始め方を解説

2020.07.31.Fri 就職・転職・独立

IFA(独立系ファイナンシャルプランナー)は、独立した立場で中立的に、顧客の資産運用のアドバイスを行います。

IFAは多くの場合、個人事業主として業務委託を受けた上で活動をするため、副業から始めることもできます。

なぜIFAが副業に向いているのか、そして、副業としての始め方を詳しく解説します。

IFAの仕事内容や実態

IFAの仕事内容

IFAの仕事内容は、顧客への資産運用のアドバイスを基本とし、顧客のニーズや自身の知識・得意分野によっては金融全般をサポートすることです。

金融商品(株式、債券、投資信託)の仲介のみならず、保険代理店や不動産仲介のサービスを行うIFA法人も多く、提供できるサービスは多岐に渡ります。

どうやってIFAになるの?

IFAとして副業を開始するには、個人として金融商品仲介業を開業するか、IFA法人に所属する、という2つの選択肢があります。

個人として金融商品仲介業を開業する場合は、財務局への登録要件を満たす必要があり、時間と手続きの負担を要するため、ほとんどの方はIFA法人に所属することを選びます。

IFA法人の雇用形態

IFA法人に所属する場合は、社員雇用と業務委託契約という選択肢があります。

業務委託契約の場合は、完全歩合制で出社義務が無いなど、フレキシブルな勤務形態にいていることが多く、副業に向いている雇用形態と言えるでしょう。

IFAは手数料収入

IFAは金融商品の仲介の手数料収入が売上になります。

例えば、1,000万円の投資信託の取引仲介で2%の手数料の場合は20万円が売上です。

業務委託契約の場合は、そこから、証券会社のシステム利用料やIFA法人への按分を除いた30-70%、つまり6-14万円がIFAの報酬となります。

IFAの平均年収

業務委託契約のIFAの平均年収は1,000万円を超えると言われています。副業で始める場合も、月収100万円を稼ぐ人も多くいます。

その理由は、業務委託契約の報酬形態にあります。業務委託契約の報酬は、ご自身が達成した金融商品、保険契約、不動産仲介などの手数料のうち30%-70%が相場と言われています。

大きな金額の取引が発生すれば、短期的に収入を確保することができるでしょう。一方で、収入は安定しておらず、波がある業界と言えるでしょう。

IFAに向いている人

所属するIFA法人の取り扱いサービスに関して、既に経験がある人は始めやすいでしょう。

特に、過去に証券会社に勤務したことがあり、証券外務員資格を保有している方は、その資格を引き継いで金融商品仲介業が出来ますので有利と言えます。

また、銀行や保険代理店などで金融商品の営業経験がある方や、不動産会社での営業経験がある方は、経験を生かすことができるでしょう。

初心者でも始められる

未経験からIFAを副業として始め、毎月多くの収入を得ている人も多くいます。IFAの場合、資産運用のニーズのある潜在顧客とのネットワークが収入を左右します。

例えば、製薬会社のMRとして医師とコネクションを持つ方や、不動産管理会社で働いていて不動産オーナーさんの知り合いがいる方などは収益につなげやすいでしょう。

IFAが副業に向いている理由

IFAとはどのような職業か書いてきましたが、ここでは、IFAが副業に向いている理由を掘り下げていきます。

IFAは自由な働き方ができる

IFA法人との業務委託契約で働くIFAは、謂わばフリーランスの個人事業主です。出社や勤務時間などの制約は無く、顧客とのスケジュールが合えば比較的自由に活動できます。

また、ノルマや営業方針に縛られることなく自身のペースで働けるのも魅力です。

本業との相乗効果がある

例えば、転職エージェントとして働きながら、転職希望者の資産運用などのライフプランニング面でも相談にのるIFAがいます。

副業でのIFAは、収入面だけではなく、仕事の幅を広げ、本業にとってもプラスになるでしょう。また、金融機関という肩書が、社会的信頼を高める点も人気の一つです。

ネットやオンラインを活用

ビデオ会議やオンラインチャットが当たり前になってきたことは、IFAの活躍の幅を広げています。

顧客の方も気軽にオンラインで相談にのることができるため、多くのIFA法人に問い合わせが増えています。

また、会社員や経営者は、資産運用の相談をしたくても、銀行や証券会社が空いている平日の日中は時間が取れない、という悩みがありました。

土日や平日の夜にも対応できることがIFAの人気に繋がっており、土日に働きたい人にとってはメリットのひとつでしょう。

求人の多さ

人生100年時代と言われ、資産運用へのニーズの高まる背景もあり、国内のIFAの預かり残高は過去最高を更新しています。

そんな中、各IFA法人は採用を活発化しており、良い条件で副業を始められる環境と言えます。

また、IFAに取引システムを提供する大手オンライン証券もIFAのサポートを充実させています。

IFAとして働く希望者向けのセミナーや、IFAとして働く人向けの研修も開催していますので、興味がある人は参加してみるといいでしょう。

楽天証券

SBI証券

エース証券

副業としてのIFAの始め方

副業としてIFAを始める場合は、働く場所や時間を選べる業務委託契約が最適と言えます。業務委託契約でのIFAの始め方を3つのポイントにまとめました。

1,IFAの取り扱いサービスを把握する

まずは、IFAがどのような商品、サービスを取り扱っているかを知る必要があります。金融商品、生命保険の販売が中心となりますので、副業として相応しいかどうかを見極める必要があるでしょう。

2,業務内容に合わせた資格を取得する

業務内容によっては、以下のような資格が必要となりますので、事前にご確認ください。

資格が必要な業務

・金融商品の仲介業務・・・証券外務員資格
・生命保険の営業・・・生命保険の募集人資格

資格が必要ない業務

・ファイナンシャルプランニング
・不動産仲介(※)
・M&A仲介

※所属IFA法人が宅地建物取引業免許を取得しており、宅建主任者が在籍している場合。

3,所属するIFA法人を決める

IFA(金融商品仲介)の業務を行うには証券外務員登録が必要であり、証券業協会の協会員、つまりIFA法人経由で登録を申請してもらう必要があります。
IFAを募集しているIFA法人に問い合わせた上で、業務委託契約を締結し、証券外務員登録の手続きを完了させることでようやく業務が可能となります。

まとめ

様々な背景から、IFAは副業に向いている職業のひとつと言われており、現在は求人が活発な状況です。

とはいえ、副業として成功を納められるかどうかはそれぞれのIFA次第と言えます。副業として継続的に収入を確保するためにも、IFA業界を深く知り、自身にあった所属IFA法人を選ぶことが大切です。

記事一覧に戻る

カテゴリから記事をさがすCATEGORY