IFA転職

本当にノルマなし?IFAとノルマの関係について解説

2020.07.27.Mon 基礎知識

IFAは会社に雇用されないため、投資家(顧客)に対して、中立な立場から運用アドバイスが出来るという点が大きな魅力であると考えられています。
他の金融機関と異なり、IFAの場合は提案商品などについて、それぞれが自分で決定するため、”売らなければいけない商品”というものがなく、いわゆるノルマがない仕事として知られています。
近年、IFAの人数も徐々に増加すると共に、単純な完全歩合給だけに限らず、IFAの契約形態の種類は徐々に増えています。
この記事では、多様化するIFAとノルマの関係について、解説していきます。

ノルマとは?証券会社のノルマについて

金融業界や証券会社に限らず、営業の仕事であれば業種関係なく、切っても切れない関係であるのが”ノルマ”です。

ブラック企業の代表格”証券会社”

証券会社は昔からしばしばブラック企業の代表として語られる事が多かった業種ですが、最近ではライフワークバランスを重視する世論を受けて、証券会社も徐々にホワイト化しているようです。
ですが、ノルマが達成出来なければ全員の前で罵倒される事は当たり前で、少し前では上司による暴力行為やパワハラ・セクハラは日常茶飯事であったようです。
ノルマを達成したとしても、翌月にはノルマが増やされる事になるため、基本的には楽をする事が許されません。

証券会社は給料は高い

毎月達成しなければならないノルマがキツく、職場環境が厳しい一方で、給料だけは他の会社に比べるとかなり高いという事も事実です。
また、営業の成果がボーナスに反映されるため、やりがいが全くないかと言われるとそうとも言い切れない仕事かと思います。
顧客に損をさせたり、上司に罵倒されたとしても「お金のため」と割り切れる精神力がある人であれば、証券会社は居心地の良い職場なのかも知れません。

IFAのノルマについて

記事一覧に戻る

カテゴリから記事をさがすCATEGORY