MENU

証券会社社員が取得すべき資格、身につくスキルとキャリアの選択肢

「証券会社への転職を考えているけれど、仕事が大変そうだし、資格取得の勉強もしなければいけないらしい・・・」

たしかに、証券営業の仕事は楽ではないし、資格取得の勉強も必要だ。

しかし、必須資格は一定程度勉強すれば合格できる難易度だ。そして証券営業を通じて得られるスキルと経験によって、転職1年後には自分の成長を実感できることだろう。

本稿では、証券会社に入社して必要になる資格、営業活動を通して得られるスキルを紹介する。最後に、仮に将来、証券会社を退職することになった場合の進路についても提案する。

最後まで読むことによって、自信をもって証券会社へ転職ができるだろう。

目次

必要な資格

資格には会社毎に「必須資格」と「任意資格」が決められている。ここでは、一般的な事例として必須資格と任氏資格に区分して紹介する。入社後に、自社が必須資格と定めている資格については確認することが必要だ。

証券外務員二種

株式や債券の現物取引、投資信託に係る営業活動をするための必須資格。科目は「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」の3つ。合格率はおおむね7割程度。テキストや問題集での独学でも対応できる難易度だ。

テストは会場に行き、コンピューターにマウスやキーボードで回答する方式。合格後、日本証券業協会に会社経由で登録すると営業活動ができる

証券外務員一種

必須資格。合格&登録が終わると信用取引やデリバティブ取引を含むすべての有価証券の営業活動ができるようになる。合格率は7割程度。学習内容は、二種外務員よりは難しくなるが勉強していれば十分合格できるレベルだ。 

なお、二種外務員資格を保有していなくても、一種外務員資格試験の受験はできるが、不合格になった場合は30日間経たないと再受験ができない。計画的に学習・受験しよう。

生命保険一般課程試験

生命保険を取り扱っている総合証券会社であれば必須資格。合格・登録されると「定額保険」の募集ができるようになる。

生命保険専門・変額課程試験

合格・登録されると「変額保険」の販売ができるようになる。一般課程試験に合格し生命保険募集人として登録された後でないと受験することはできない。

証券アナリスト試験(CMA)

任意資格。一次試験合格必要な学習時間は平均200時間。相応の勉強量が必要だ。合格すると「証券アナリスト協会検定会員補」に登録できる。一次試験合格後、二次試験に合格すると「証券アナリスト協会検定会員」として登録できる。

ファイナンシャルプランナー「AFP」「CFP」

任意資格。合格すると個人の資産形成全般に係る知識を習得している証明になる。AFPの上位資格がCFPだ。CFPの難易度は一般的に証券アナリスト二次試験と同程度といわれている。

証券営業で身につくスキル

 資格試験に合格すると、実際の営業活動が始まる。証券営業を通じて身につく主 なスキルは以下の3点だ。

コミュニケーション能力

お客さまとの信頼関係を築くために、コミュニケーション能力は重要だ。お客さまに関係する情報を集め、お客さまの状況を把握しないと、最適な提案はできない。日々の営業活動の結果、コミュニケーション能力はとても高まる。

目標達成と価値提供志向

証券営業担当者なら誰しも、どうやったら目標を達成できるのかを真剣に考える。そして毎月果敢に取り組む。

再現性の高い目標達成は、お客さまへの価値提供能力なしにはあり得ない。「お客さまのお役に立つ」ことなしに「毎月連続した目標達成」はできないのだ。

それゆえ、証券営業では、目標達成と価値提供志向が身につく。

金融商品に関する知識

最適な提案は、「自分の金融商品に関する知識のストック × 経済状況の見極め × お客さまの置かれた状況判断」による。

金融融商品のセールスポイントは状況によっていろいろと変化する。景気がよいときは株式、そうでない時は債券を提案することになるだろう。またお客さまの資金が、「多少のリスクをとったとしても積極的に増やしたいお金なのか、なるべく減らしたくないお金なのか」によっても提案する内容は変わる。

証券営業を通じて、金融商品に関する知識量が格段にアップする。

証券営業の経験が活かせる転職先

前章で説明したように証券営業は身につくスキルが多く、入社後1年もすれば自分の成長をはっきりと実感できるようになるだろう。

本章では、やむをえない事情で証券会社を退職しなければならなくなった場合に、証券営業の経験が活かせる転職先を紹介する。

銀行でのコンサルティング業務

家庭の事情で実家に戻ることになった場合、地元の銀行でのコンサルティング業務に転身する事例が多い。培った有価証券の知識に加え、預金や融資などを含めた幅広い提案ができるメリットもある。

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)

IFAとはIndependent Financial Advisoの頭文字をとったものだ。IFAは、銀行や証券会社に所属せず、お客さまに提案活動を行う。所属会社の方針に沿うことなく、純粋に「お客さまにとって最善の提案」ができる。また世代を越えてお客さまと長期的なおつきあいができる点も魅力だ。近時は優秀な営業担当ほどIFAを目指す潮流がみられる。

M&A仲介会社

少子高齢化が進む昨今、後継者選びに苦労している中小企業オーナーは多い。そうした中、注目されているのがM&A仲介会社だ。財務や金融の知識を活かし、培ったコミュニケーション能力を発揮してオーナーに説得力のある交渉ができる。

まとめ

本稿では、証券会社に入社して取得する資格や、営業活動を通して得られるスキルを紹介した。仮にやむをえない事情で証券会社を退職しなければならなくなった場合でも、証券営業で得た経験を活かせる選択肢はいくつもある。

証券営業は、お金の相談・提案を通じてお客さまのお役に立てる素晴らしい仕事だ。頑張った分だけ収入も上がる。自信をもって証券営業の世界に踏み出していただきたい。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次