MENU

ヘッジファンドのキャリアパス(寄稿:さんまのIPO)

  • URLをコピーしました!

日本株ロングショート戦略のヘッジファンドに転職し、アナリストとしてIPO銘柄や製造業全般の中小型株の調査を担当されているさんまのipo氏に寄稿いただきました。

本シリーズの最後にヘッジファンドのキャリアパスについて触れる。筆者はブティック系HFを1社経験したのみだが、同僚その他から見聞きした情報や海外転職サイト等で得た情報をもとに、キャリアの全体感についてお話したい。         

ヘッジファンドのキャリアについて知りたければ、Wall Street Oasisが参考になる。具体的なファンドごとの選考プロセスがQ&Aに載っていたりするため、筆者も過去には読み漁っていたことがあった。

https://www.wallstreetoasis.com/forum/hedge-fund

目次

どうやって入る?

HFにおける職種は大きく運用、営業、管理・コンプライアンス、ITなどに分かれる。

運用職には、基本的にその資産の経験者が採用される。日本株ロングショートファンドであれば、証券会社(セルサイド)や運用会社(バイサイド)のアナリストやファンドマネージャー、投資銀行部門出身が多い。マクロや債券その他のファンドであれば、証券会社や銀行等のトレーダーやストラテジスト、運用会社のファンドマネージャー出身者が多い。もちろん業界内の横滑りも一般的であり、「あの人いまに移ったんだっけ」はいつでも発生するし、BloombergやLinkedInを見れば「著名HF2~3社経験者だらけ」である。「あの人はA社でうまくいかなかったと聞いたけど、しばらく姿を見ないと思ったらB社に入っていたことがBloombergで分かった」が本当によくある話で、誰も驚かない。なおごく例外的に新卒採用を行っているヘッジファンドもある。

運用職以外は、もしかしたら運用職よりも門戸が狭いのかもしれない。営業には、証券会社のプライムブローカレッジ出身者や運用フロント出身者が多いようである。そもそも日本で活発に募集している海外ヘッジファンドが少ないという背景もあるし、優秀な外部の営業マン(プライベートバンクやIFA)を活用すればよいという事情もあり、人数はかなり限られている。管理・コンプライアンスには、証券会社及び運用会社のコンプライアンス部門から横移動でその道のプロを採用するケースが大半と思われる。厳しい金融庁の規制をクリアするにはしっかりと経験者を採用する必要があるためだ。

運用チームが何十個もあるような大手ヘッジファンドでは、CIO ― ポートフォリオマネージャー(PM) ― サブポートフォリオマネージャー ― アナリストという階層に分かれるのがよく見るヒエラルキーである。日本株ファンドであれば、アナリストとして入社するのは、IBDやセルサイドアナリスト、バイサイドでの経験が5~10年くらいあってヘッジファンド未経験の30歳前後の若手が多い印象。アナリストとして成果を重ねると、サブポートフォリオマネージャーに昇格してチームの資産の一部を運用させてもらえることがある。更にサブPMとして活躍すれば、PMとして自分のチームを持つようになるというキャリアパスを描く。セルサイドアナリストがいきなりサブPMとして入社するケースや、ヘッジファンドではない運用会社のポートフォリオマネージャーがいきなりPMとして入社するケースも多い。

給料は?

読者にとってはつまらないだろうが、PMもアナリストも成績次第で一概には言えないというのが回答だ。下は恐らく1000万円台~上は億単位の年収と、レンジが広過ぎるのだ。

まずPMへ、実力に応じてCIOから運用する資産額と予算を与えられる。この中でパフォーマンスと自身の給料を最大化できるように、チーム構成や予算配分を考えるわけである。例えば優秀なPMをもう1人追加してリターンを確保したい(同時にリスクを分散化したい)と思えば、基本給1500~2000万円でサブPMを採用すればよい。深夜まで手足を動かしてリサーチしてくれるアナリストが欲しいと思えば、基本給1000~1500万円でアナリストを採用すればよい。PMは自分の予算の中で部下の給与=固定費を払う。1年経って運用がうまくいけば、会社からインセンティブが払われる。インセンティブはまずはPMの財布に入る。財布の中にある余った予算とボーナスから、サブPMやアナリストにボーナスを支払い、最後の残りはPMの手元に残る。「部下なんていらない、全部自分でやって自分がお金を貰いたい」、と思えばそうすればOKだ(実際には部下を雇って育成するように諭されるようだが)。

このような仕組みになっているため、アナリストの給料は?と聞かれたらPM次第!と答えるし、PMの給料は?と聞かれたらパフォーマンス次第!チーム内傾斜次第!と答えるより他ないのである。大まかな給与レンジが乗っているサイトがあったりもするが、上記のような決まり方が一般的なのでやはりレンジは広く、あくまで参考にしかならない。

大まかな給与レンジ ⇒ https://www.wallstreetoasis.com/resources/careers/salary/hedge-fund-pay-guide

アナリストの経験年数別給与アンケート ⇒ https://www.wallstreetoasis.com/forum/hedge-fund/2020-bonuses

採用プロセスは?

若手のアナリスト採用の場合、かなり長いプロセスを経てオファーが提示されることが一般的だ。ビジネスデベロップメント(企画部みたいな)との面談から始まり、採用するPM、そのチームのメンバー全員との面接が繰り返される。プロセスの途中でDCF等のモデル構築テストや、銘柄分析レポートのライティングを挟むこともある。また面接においてはストックピッチという、「ロングできる株、ショートできる株3つずつ教えて」という質問を課されることもよくある。

サブPMやPMとしての採用の場合、前職でのトラックレコード(パフォーマンス)が重視されるようだ。トラックレコードが良ければそれで良いが、悪ければ悪化した理由の説明と戦略の説明が求められる。パフォーマンスが悪かった理由に納得感があれば、それでも採用される可能性があるという訳だ。

トラックレコードの数字は資格のように証明書があるわけではない。このため“リファレンスチェック”が行われる。リファレンスチェックとは面接先の企業から求職者の前職へ電話をかけ、求職者の実績等に嘘がないかと確認する作業である。ファンドによっては、リファレンスチェックの代わりに年収証明の提出を求めることで実績とボーナスの間に矛盾が無いか確かめる処もあるようだ。

Point72(株式ロングショートの米系HF)のインタビュープロセス ⇒ https://www.wallstreetoasis.com/forum/hedge-fund/point72-interview-process-0

マクロHFのインタビュープロセス ⇒ https://www.wallstreetoasis.com/forum/hedge-fund/macro-hf-trading-questions

どこが募集している?

まずは業界に詳しいヘッドハンターやファンドの社員を見つけ、どんな会社があるのかを知ることが肝要だろう。グローバルで著名なPoint72やMillenniumでさえ一般には知られておらず、業界の外からは謎に包まれている。前回のコラム(リンク)で紹介した日本株HFの一覧でも良い。ヘッドハンターであればどこの会社が採用しているかを聞けばいいし、そうでなければ個別のファンドのHPを見てCV(履歴書)を送ってしまうのが一番早い。オープンには採用していなくても良い人がいれば採りたいと考えているファンドは多いと思われる。

最後に

今回でヘッジファンドに関するコラムのシリーズは終了する。ヘッジファンドとは何か、どれくらいあるのか、どうやって入るのか、年収はいくらかなどといった、到底答えのない問いに出来る限りのソースを見つけてタックルしてみた。読者にとって何かの発見があれば幸いである。

◆さんまのIPO

京都大学卒、欧州ビジネススクール修了。大手資産運用会社に入社し、日本株アナリストとして中小型株の調査に従事。運用部に異動後、サブファンドマネージャーとして中小型株のファンド運用を担当。日本株ロングショート戦略のヘッジファンドに転職し、アナリストとしてIPO銘柄や製造業全般の中小型株の調査を担当。 2021年、KxShare株式会社を共同創業。

Twitter:@samma_ipo

転職のご相談はこちら

氏名

性別

年齢

現勤務先
(無職の場合は元勤務先)

メールアドレス

お問い合わせフォームにおける個人情報の取り扱いについて
1.組織の名称又は氏名
アドバイザーナビ株式会社2.個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
大里佳 所属:管理部 TEL:03-3527-27163.個人情報の利用目的
・採用
1 採用に関する選考・決定
2 サービスについての調査

・その他お問い合わせ
1 お問い合わせ、ご相談への対応

4.個人情報の取り扱い業務の委託
個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5.個人情報の開示等の請求
お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。
その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。
なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。

アドバイザーナビ株式会社 個人情報問合せ窓口
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町8-1
TEL:03-3527-2716 (受付時間 10:00〜19:00  ※土曜日、日曜日、祝日、及び年末年始を除く)

6.個人情報を提供されることの任意性について
お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。

  • URLをコピーしました!
目次