MENU

30代女性の転職活動で失礼にならない服装とは

転職活動するときには身だしなみに気を付けなければならない

身だしなみをきちんとしていない人を会社が採用したいと思うことは、よほど優秀でない限りない。それほど、服装などの身だしなみは面接で重要な要素になっている。

この記事では、30代女性が転職活動するときのおすすめの髪型や服装についてご紹介していく。

弊社はIFAの転職支援をしている。金融未経験者から金融営業経験者まで過去100名以上の転職支援実績を持っており、多くのケースを見てきた。そのため、転職に関する知見が広い。

この記事は転職の身だしなみに参考になる情報が多数載っているので、30代女性で転職を考えている人には最後までぜひご覧いただきたい。

目次

おすすめの髪型や服装を紹介!

失礼のない髪型とは?

まず最初に髪型について紹介する。髪型は清潔感が大切だ。

注意してもらいたいのは前髪で顔を隠さないようにすることだ。

女性は前髪が目にかかってしまうと顔がよく見えなかったり暗い雰囲気になったりしてしまう。

面接で暗い印象を与えてしまうと選考で不利になる可能性もある。そうならないように、前髪が目にかからないように左右に流したりピンで固定するなどの工夫をして対策しよう。

髪色に関して注意してほしいことがある。それは、黒髪でないといけないと考えている人が多いことだ。

金髪や赤髪などの派手な髪色は良くないが、黒髪以外にも暗い茶髪であればほぼ選考に影響しないと考えてよい。

また、美容師やアパレル関係の職種などの一部の職種や会社では派手な髪色でも大丈夫な場合があるので、募集内容を確認しよう。

失礼のない服装とは?

次に、転職活動するときの服装を紹介する。

面接時の服装は、紺色やグレーなどの暗めの色のスーツが良い。黒色のものはあまりお勧めしない。

女性はパンツタイプとスカートタイプの2種類から選べるので悩む人もいるかもしれない。

スカートの方がパンツに比べてまだまだ一般的だ。だが、選考にはあまり関わらないので自分の好みのほうを着用しよう。

服装の注意として、リクルートスーツを着て面接をするのはなるべく避けたほうが良い。なぜならリクルートスーツは新社会人が使うものという認識が面接官にある場合が多いからだ。できるだけリクルートスーツは避けてスーツで面接に臨むことをお勧めする。

また、爪を伸ばしたりネイルをしたりするのはやめたほうが良い

入りたい業界や職種、面接官によって判断が変わるので一概には言えないが、爪を伸ばしたりネイルをしたりするのはの印象を悪くする可能性がある。

ただ、ベンチャー企業やアパレル関係の会社ではあまり重要視されない傾向がある。ベンチャー企業やアパレル関係の会社であっても、念のためきちんと爪を手入れしておくことをお勧めする。

服装も髪型と同様に清潔感が重要である。シャツのしわや靴の汚れなど見えやすい汚れがあると清潔感がなくなるので綺麗にするように心がけよう。

次に面接のときに聞かれやすい質問を紹介する。

面接のときに聞かれやすい質問を紹介

服装をきちんとしたら面接対策を行おう。面接でスムーズに受け答えできないと採用される可能性は低くなる。きちんと対策をすればスムーズに受け答えできるようになるので面接が苦手な人は頑張って対策しよう

他の人と差をつけるために対策が必要だ。対策しやすいように面接で聞かれやすい質問を紹介していく。

  1. 転職する理由
  2. 今までの経験や実績
  3. どのようなキャリアを目指したいか
  4. 志望理由
  5. 退職した理由
  6. 希望の条件

逆質問もほとんどの面接で聞かれるのできちんと用意して臨もう。

しないほうが良い逆質問はホームページや求人票などに載っていてすぐ分かることだ。

調べればすぐにわかることを質問すると、

  • 私たちの会社についてきちんと調べてない
  • 私たちの会社に興味がない

と感じられ面接官にマイナスの印象を与えてしまう可能性がある。入社してもすぐやめてしまうのではないかと思われないよう御社で働きたいということをアピールしよう。

良い逆質問は、業務内容に関することや採用された後のことだ。ポジティブなことを質問すると面接官からの印象もよいので実践してほしい。

面接対策に有効な方法として転職エージェントいうサービスがある。

次に転職エージェントについて詳しく紹介していくので見てほしい。

転職エージェントを紹介

エージェントとは転職支援サービスの1種だ。転職を考えている人は1度は聞いたことがあったり活用したりしたことはあるのではないだろうか。

エージェントのメリット

エージェントを活用すると希望に合った企業を紹介してもらえる。

そのほかにも書類の添削や面接対策を行ってくれる。これは大きなメリットといえるだろう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職希望者と何人も面談しているので経験豊富だ。

キャリアアドバイザーに髪型や服装についてのアドバイスをもらう。それに加えて、面接練習をしてもらい改善を繰り返していけば採用される可能性は格段に上がる。自身の強みをよりアピールするためにもエージェントを活用することをお勧めする。

まとめ

今回は30代女性が転職活動するときのおすすめの髪型や服装について紹介した。

第一に、面接では清潔感が重要だ。重要なことをおさらいすると、

  • 前髪が目にかからないようにしよう
  • 黒髪や暗い茶髪など無難な髪色がベター
  • 面接時の服装は紺色やグレーなどの暗めの色のスーツにしよう
  • シャツのしわや靴の汚れなど見えやすい汚れがないように気を付けよう。
  • リクルートスーツはなるべく避けたほうが良い
  • 爪を伸ばしたりネイルをしたりするのはやめたほうがよい

である。これら6つを覚えておけば大丈夫だ。

服装や髪型は清潔感が必須だ。しわや汚れがないよう細心の注意を払おう

第一印象は見た目で決まってしまうといっても過言ではない。まずは身だしなみに気を使って転職活動をしていこう。

高校や大学では担任の先生や大学の就職支援センターなどを活用して面接のことを相談することができるが、社会人になると相談できる場所があまりない。

社会人が相談できる場所として転職エージェントを紹介した。活用することで服装や髪型に関するアドバイスをもらうことができる。相談できる人がいなければ転職エージェントの活用も検討してほしい。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次