MENU

転職でコンサルへの就職はできる?転職しやすい方法も紹介!

近年、転職希望者が増えている。その中でも、コンサルタントを目指したいと考えている人も多いのではないだろうか。

しかし、実際に目指そうとすると、

  • どのような人が向いているのだろうか
  • コンサルタントに転職するにはどうすると良いのか

などと疑問に思う方が大半ではないか。

そこで、本稿では向いている人の特徴や転職しやすくなるコツ、業界に強い転職エージェントを紹介していく。また、採用されやすくなる方法も紹介する。

弊社はIFAの転職支援をしている。金融未経験者から金融営業経験者まで過去100名以上の転職支援実績を持っており、多くのケースを見てきた。そのため、転職に関する知見が広い。

本稿を最後まで読むことにより、一歩踏み出せるだろう。

目次

コンサルタントの仕事

主な仕事内容はクライアントの悩みを解決するために、戦略の立案と提言、実行をすることである。ただし、どの業界に特化しているか、日系か外資系かによって具体的な仕事は変わってくる。

コンサルの種類による違い

主に以下の6種類に分けられる。

  • 戦略系コンサルタント
  • 医療系コンサルタント
  • 財務コンサルタント
  • 人事コンサルタント
  • 事業再生コンサルタント
  • ITコンサルタント

これらにはそれぞれ特徴があり、業務内容も変わってくる。そのため、自身に合った職種を探すことが重要だ。

日系と外資系による違い

日系の企業と外資系の企業によっても相違点がある。

まず、大きな相違点として仕事の進め方がある。

日系の企業ではクライアントと継続的に仕事をして、長い時間相談に乗って問題を解決していく場合が多い。

それに対して、外資系の企業ではクライアントの特定の問題を解決する場合が多い。つまり、プロジェクト期間が終わり、クライアントからの案件が終わればすぐ解散する。

このような違いの他にも日系企業と外資系企業では、給与水準、仕事のハードさ、年功序列か成果主義かなどさまざまな観点で相違がある。

コンサルタントに向いている人の特徴を紹介!

ライフステージに応じた転職でキャリアアップを実現

向いている人の特徴は2つある。

  1. 臨機応変に対応できる人
  2. ハードなスケジュールをこなせる人

1つ目は臨機応変に対応できる人だ。

前述の通り、主な仕事内容はクライアントの悩みを解決するために、戦略の立案と提言、実行をすることだ。

しかし、クライアントに提案した内容がうまくいかなかったり何か問題が起こることもある。そのため、臨機応変に物事に対応できる能力が必要になる。

2つ目はハードなスケジュールをこなせる人だ。

基本的に長い時間労働することが多いため、激務に耐えられる人でないと厳しいだろう。

また、時間的なものだけでなく精神的にもストレスがかかる仕事である。そのため、このようなストレスに耐えることができる精神力と体力が必要だ。 

このように、以上の2つの特徴を持っている人はこの業界に向いているだろう。

コンサルは人気の職種だ。しかし、ハードでハイレベルな仕事内容であるので自身に合っているか十分考えて転職活動をしていただきたい。

転職しやすくなる方法を紹介!

自己分析

1つ目は自己分析をすることだ。

自己分析とは、自分の持つスキル、秀でている部分を明らかにすることだ。

自己分析が適切にできていないと、自身のスキルや能力に釣り合っていない求人に応募してしまったり、自分をうまくアピールできなかったりする。

また、成功しても、新しい会社とミスマッチしてしまうこともある。

このようなことにならないためにも、強みを発揮して活躍できる会社に就職するためにしっかりと自己分析を行おう。

スキルアップ

2つ目はスキルアップをすることだ。

自分が就職したい会社について調べると、不足しているスキルや求められている人材が分かる。

必要なスキルや求められている能力がないと会社側も採用する理由がない。

転職したい会社に必要なスキルを正確に把握して、足りていないスキルがあれば着実に獲得していこう。

応募数を増やす

3つ目は応募の数を増やすことだ。

求人に応募する数を増やすだけでそれだけ内定をもらえる確率は高くなる。

しかし、応募する数を増やせば増やすほどそれだけ準備する量も増えることになる。時間に余裕を持てる程度に複数の会社に応募したほうが良い。

以上のように採用されやすくする方法を紹介した。成功させるには出来ることから着実にこなしていこう。

業界に強い転職エージェントを紹介!

自己PRで用いたい便利なフレーズ33選

コンサル転職に強いエージェントは次の3つだ。

  • リクルートエージェント
  • アクシスコンサルティング
  • JACリクルートメント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手の会社だ。1度は名前を聞いたことがある人も多いのではないだろうか。

リクルートは非公開求人の数も10万件以上ととても多く多種多様な業種もあるため人気なサービスだ。多数の方が使っていて実績もあるので担当の方の質も高い。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは業界大手の会社だ。外資系企業の求人が多く占めており、グローバル案件に非常に強い

また、企業の採用者と求職者を同一の担当者で行うため、双方のニーズを非常に熟知している。そのため、マッチング精度が非常に高くなっている。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングはコンサルとIT人材に特化したエージェントだ。

コンサル転職に特化していることから、多くのノウハウを持っている。そのため、キャリアアップを目指している方や未経験から挑戦したい方など、さまざまな状況下でもサポート体制が整っている。

以上業界に強いエージェントを3社紹介したが、どのくらい手厚いサービスを提供してもらえるのか具体的に知りたい方は各会社のサイトで確認してほしい。また、口コミや評判を見た上で検討すると良いだろう。

まとめ

転職におすすめな業界・職種5選

今回は向いている人の特徴や採用されやすくなる方法、業界に強いエージェントを紹介した。

まとめると、

  • 主な仕事はクライアントの悩みを解決するために、戦略の立案と提言、実行をすること
  • 成功させるには自己分析やスキルアップ、応募の数を増やす
  • リクルートエージェントやJACリクルートメント、アクシスコンサルティングなどのエージェントを活用することで効果的に活動をすすめることができる

である。

これらの内容を参考にして、ぜひ挑戦してほしい。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次