MENU

転職のときの履歴書の学歴は重要?学歴以外のスキルも取得しよう!

転職を考えている人は多い。転職のときに学歴は重視されるのだろうか。学歴がなくて困っている人も多い。

転職するときに、

学歴について不利になってしまうのではないか?

学歴以外に重要なスキルはある?

これらについて知りたい人は必見だ。

弊社はIFAの転職支援をしている。金融未経験者から金融営業経験者まで過去100名以上の転職支援実績を持っており、多くのケースを見てきた。そのため、転職に関する知見が広い。

今回は履歴書の学歴は重要なのか、学歴以外の重要なスキルについて紹介する。

目次

転職の際に必要になる履歴書の学歴は選考のときに重視されるのだろうか?

転職の際に必要になる履歴書の学歴は選考のときに重視されるのだろうか。

結論は、転職のときに学歴が重視されることはあまりない

もちろん、まったく選考に影響しないことはないが他の事柄のほうが重視される可能性は高い。前の会社で行った実績や経験、能力など会社で得たこと、成長したことのほうが面接官にとっては重要視することになることが多い。会社によっては応募者が多いので学歴でフィルターをかけることはあるので注意しよう

転職で学歴が重視される例を紹介していく。

例えば、社会人を数年しかしていないと経験や能力が不足しているのではないかと思われる。このような人は選考するために判断する材料がないので学歴を見て採用するかどうか決めることもあるだろう。学歴を見ると地頭はどうなのか、努力してきたかなど客観的に判断することができるので判断材料がない場合は学歴が重視されるでしょう。

新卒採用の場合はスキルや実績がない人のほうが多いので学歴を見て判断することが多い。

このように転職で学歴はあまり重要視されないが、社会人経験が少なかったり会社によっては学歴でフィルターをかけたりする企業もあるので学歴があることに越したことははない。

ただ、ない場合は会社での実績や経験、能力などの会社で得たことをしっかりアピールしよう。そうすることで採用に近づくことはできるだろう。

転職において学歴以上に必要な能力は?

転職で重視されるスキルを紹介していく。

ポータブルスキル

1つ目はポータブルスキルだ。

ポータブルスキルとは、どの業界、どの会社でも活躍できる能力だ。

ポータブルスキルの具体的な能力として、コミュニケーション能力やマネジメント能力、リーダーシップ、行動力などが挙げられる。会社にとってなくてはならない能力だろう。

テクニカルスキル

2つ目はテクニカルスキルだ。

テクニカルスキルとは、専門的な仕事をするときに必要になるスキルだ。

求められる専門的なスキルは、職種や役職によって違ってくるので会社が求めているテクニカルスキルを習得しよう。有名なテクニカルスキルとしてはプログラミングや経理、弁護士、医師、翻訳などが挙げられる。

テクニカルスキルを取得することで、その能力を持った人にしかできない仕事を任されるでしょう。自分自身が入りたい会社が求めている能力を取得してアピールしよう。

会社が求めている能力が分からないという場合は転職エージェントやキャリアコンサルタントなどの業界、職種に知見があるプロフェッショナルに相談してみるのがおすすめだ。

転職において、能力を持った人には希少価値が生まれる。自分を希少価値の高い人材にすることが採用されやすくなる手っ取り早い方法だ。

ポータブルスキルとテクニカルスキルを持っていないという人は、今の会社で経験やスキルを積むことが得策だろう。

課題発見力と課題解決力

3つ目は課題発見力と課題解決力だ。

課題発見力と課題解決力は非常に重要な能力だろう。

課題発見力とは、今の会社や業務に必要な課題は何なのかを見つけることだ。

大きな課題を見つけることは比較的簡単だが、小さな課題を見つけることは難しいだろう。そうした小さな課題を見つけられる能力は非常に貴重だ。

課題解決力とは、判明した課題をどうやって解決していくかを考え、素早く実行し解決していく能力である。

ポータブルスキルや課題に関する能力はどの企業でも必要になってくる。転職するしないに関係なく磨いておいたほうが良いだろう。

転職エージェントを活用してみる!

転職エージェントを活用することで自分の強みをよりアピールでき、会社に採用されやすくなるだろう。

ここで転職エージェントの簡単な流れを解説する。転職エージェントでは、最初にキャリアアドバイザーと面談をする。

面談が終わった後は、担当者が一人一人に合った求人を紹介してくれたり書類添削をしてくれたりする。

転職サイトを使って転職しようとするとなかなか書類添削や面接練習をしてもらうことは出来ないだろう。

それに対し、転職エージェントを活用すると自分の希望に合った企業を紹介してもらえるだけでなく書類添削や面接の対策まで行ってくれる

これほどのサポートをしてもらえるので個人で活動するよりも採用される可能性は確実に高くなるだろう。

また、複数の転職エージェントを並行して登録することで求人を比較をしながら活動が出来る。非公開求人もそれぞれの転職エージェントにあるのでエージェント会社を複数活用することで非公開求人を見る数も増えるだろう。

そうすることで自分の希望に合った会社が見つかる可能性が高くなる。ぜひ検討してみてはどうだろうか。

まとめ

今回は転職のときの履歴書の学歴は重要なのか、学歴以外の重要な能力について紹介した。

学歴が重視されることはあまりないが、社会人経験が少なかったり会社によっては学歴でフィルターをかけたりする企業もある。面接や志望理由では前の会社で行った実績や経験、能力をアピールしよう。

仕事をする上で得たこと、成長したことを強調することで面接官に良い印象を与えることができるだろう。

また課題発見力、課題解決力を面接でアピールすることで採用されやすくなるだろう。そして、求められる専門的な能力は、職種や役職によって違ってくるので会社が求めているテクニカルスキルを習得しよう。

複数のエージェントを活用することで効率よく活動をすることができる。ぜひこの記事を参考に転職活動を進めていってほしい。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次