MENU

企業が20代の女性を中途採用する際に確認する点を紹介!転職を成功させるためのポイントとは?

20代になるとライフワークバランスを見直しする方も増え、転職を検討している方も多い。とはいえ、企業はどのような20代女性を求めているのかわからないため、転職に対して不安があるという方も多いのではないだろうか。

本記事では、20代女性を中途採用する企業側の見方と確認点を紹介する。

最後には面接時のポイントも紹介しているため、ぜひ参考にしてほしい。

目次

年齢による企業の見方

20代の女性を中途採用する際は、年齢に合わせた特徴を確認する場合がある。もちろん各企業面接の基準は異なるが、以下の3つに分けている場合もある。

20代前半はフレッシュさが求められる

20代前半は新卒や第二新卒と同じ扱いをされるケースもある。そのためフレッシュさが求められることが多い。

「やる気のある人」「熱意がこもっている人」「一から仕事を学んで貢献したい人」などは企業にとって欲しい人材であると判断されやすくなる。

20代前半は、仕事を覚える最中であるため、新しい会社に入っても独自の仕事のやり方をしない。そのため会社次第では大きな成長が見込めると企業は判断する。

ただし、やる気もなくフレッシュさが足りない人は、採用しても成長しない可能性も高い。そのため20代前半の方が転職する際は、いかに企業に対する熱意を伝えられるかどうかがポイントとなるだろう。

20代半ばは経験重視

20代半ばとなると、前職でのプロジェクトに参加してきた経験もあるため、どのような実績を踏んできたのかが採用のポイントとなる。できれば即戦力として採用したいのが企業の見解であるが、まだまだ社会人経験も少ない方も多いだろう。

しかし「教育すれば成長するか」を面接時に見極めているのだ。

また、20代半ばはキャリアステップを試みて転職する方も多いが、どのようなビジョンを持ち合わせているかも確認される。そのため自己を持ちながらも経験値の高い方が採用される傾向にある

20代後半は即戦力

20代後半は即戦力になるかで判断されるケースが多い。

高卒であれば10年、大卒であれば7年前後の社会人経験を持ち合わせている。そのため企業側は優秀な人材であるかを面接時に判断する。主に過去の仕事内容や実績、人間性などから採用の可否を決めることが多いだろう。

そのため、面接する際は今まで携わってきた仕事内容やプロジェクトをわかりやすく伝えることが大切だ。

20代女性を採用する際に企業が確認する点

では実際どのような点を注意しながら面接に取り組めばよいのだろうか。企業側が確認している3つの事項について解説する。

結婚による退職

企業側が最も多く懸念するのが、結婚による退職である。

近年では共働き世帯が増えつつあるものの、結婚した後の出産を踏まえると退職する女性が多いのは現実だ。子供がある程度大きくなると再度仕事をし始める女性も多いが、同じ会社に戻るとは限らない。

とはいえ、プライバシーな質問であるため直接的には聞かれないものの、遠回しに確認される場合もある。もちろん「結婚の予定があり、数か月しか働けない」と伝えると採用してもらえる可能性も低くなるだろう。嘘は言ってはいけないが、柔軟な回答を用意していてほしい。

人間関係の悪化

転職者を採用した際に、社内の人間関係が悪化しないかも一つの判断材料となる。面接に来た人と社内の人がうまく関係性を保てるかを考慮している。

厚生労働省が発表した「令和2年転職者実態調査の概況」では女性の離職理由の25%が「社内の人間関係」であった。そのため、その人の人間性を見極め、社内の人との相性を判断しているケースも多い

休暇面で不満が持たれないか

週休二日制であるものの、場合によっては休日出勤しなければいけない場合もある。

そのため「土日に出勤することもあるが大丈夫か」と聞かれることもある。

絶対的な理由がない限り、出勤できると伝えておいた方が良いだろう。もちろん休暇は必要であるが、「できない」と伝えると企業側に悪い印象をもたらしてしまう可能性も高い。

とはいえ、必ず休みたいという方は面接時では聞くことが難しい内容であるため、事前に募集事項で確認しておくと良いだろう。

面接時のポイント

最後に面接時のポイントについて3つほど紹介する。

派手な見た目は控える

当たり前であるが、派手な見た目は企業にとってマイナスな印象を持たれることが多い。

化粧の濃い方やネイル、髪の色などが確認されるだろう。また身だしなみやバックなども一つのポイントだ。派手な見た目であると、社内でも浮いた存在となり、「コミュニケーションが取れないのでは」と懸念される。

そのため落ち着いた色合いや清楚な見た目を意識した格好で面接に取り組むようにしてほしい。

企業によって必要な人材をアピールする

中途採用はキャリアを優先する傾向にあるため、うまく必要な人材であることをアピールしなければいけない。

最終的な採用の可否の判断はもちろん企業側で行うが、うまく自己アピールできる人ほどうまくいく傾向になる。自身の特徴や長所を具体例とともに織り交ぜて伝えるように心がけてほしい。企業は必要かどうかで判断しているため、少しでも高い能力であることを証明できると、より優位に働くだろう。

自分のビジョンややりたいことを伝える

志望動機のように、「この会社でやりたいこと」「将来どんな人になりたいか」を伝えることが大切だ。

20代は十分大人であり、しっかり将来のビジョンを持ち合わせているかも採用に大きく影響する。新卒は社会人経験もないため、抽象的な答えが多くなるが、中途採用は具体的でかつ明確な人生設計の内容が求められることも多い。

そのため、将来設計やライフプラン設計などを面接前に行っておくように意識してほしい。

まとめ

今回は20代女性を中途採用する企業側の見方と確認点を紹介してきた。

20代前半は社会人経験も少なく、前職の仕事の仕方に染まっていないことから、フレッシュさが求められる。20代半ばから後半にかけては、過去の実績や経験値が求められることが多くなるだろう。

とはいえ、そもそも人間性に問題がないか、社内に影響が出ないかどうかもひとつのポイントである。最も優秀な人材であることを証明できれば特に問題はない。

そのため自身が就職することで得られる企業側のメリットを伝え、なおかつ自分のビジョンを分かりやすく話すことが採用への近道となるだろう。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次