MENU

IFA法人の求人広告に応募する方法は?法人を選ぶ際の基準も合わせて解説

近年、日本でも注目を集め始めている「IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)」を目指す人も多いだろう。

転職する際にはIFA法人の求人広告に応募することになるため、事前に応募方法や法人の選び方を把握しておくことが大切だ。

この記事では、IFA法人の求人広告に応募する方法や求められるスキル、法人を選ぶ際の基準について解説する。

目次

IFAの求人広告に応募する方法

IFA法人に就職する場合、新卒で採用されるケースは多くない。金融機関等で実務経験を積み、中途採用でIFA法人に就職するのが一般的だ。IFAになりたいと考えている場合は、まずは金融機関で経験を積みながらスキルを磨いていこう。

IFA法人の求人広告に応募する方法は、通常の転職活動と大きな違いはない。応募したいIFA法人の公式サイトから採用ホームページに行き、応募フォームに必要情報を入力しよう。

その後、複数回に渡って採用担当者や役員等と面談・面接を行い、内定・入社という流れが基本となる。

また、転職サイトや求人サイトなどを利用して応募する方法もある。

転職サイトで「IFA」「独立系資産アドバイザー」などと検索をすると求人情報が出てくるため、自分の希望に沿ったIFA求人を見つけ出そう。

IFAの求人広告で求められるスキルや経験

IFA法人の求人では、ある程度のスキルや経験を求められるケースが多い。

一般的には以下のスキル・経験を求められることを把握しておこう。

  • 証券会社・銀行等の金融機関での実務経験
  • 生命保険会社での保険募集の経験
  • 証券外務員一種の資格
  • 営業の経験
  • コンサルティングの経験

このように、証券会社や銀行などで金融商品の販売経験が求められるケースが多い。業界経験がない場合は、まずは金融機関に就職して実務経験を積むことが基本となる。

ただし、業界未経験者に向けた研修プログラムなどが整っていて、実務経験がなくても就職できるIFA法人も存在する。

金融業界を経験せずにIFAを目指す場合は、求人サイトで「未経験可」の求人広告を探そう。

IFA法人を選ぶ際の基準

IFA法人への転職を検討している場合、以下の基準をもとに優良な求人広告を探そう。

  • サポート体制の充実度
  • 業務形態
  • IFA個人へのバック率
  • 法人の特徴と自分の性格が合うか
  • 取り扱う金融商品の種類

それぞれの判断基準について見ていこう。

サポート体制の充実度

IFA法人では、アドバイザーが顧客としっかり向き合えるようなサポート体制を整えている。契約前の書類作成や外出中の電話サポート、取引システムの導入など、IFAが業務に取り組みやすい環境が整っているかを確認しておこう。場合によっては、IFA個人がバックオフィスまで対応しなければならないケースもある。求人広告や採用ホームページ、口コミなどを入念にチェックし、サポート体制の充実度をチェックしておくことをおすすめする。

業務形態

IFAとして働く上では、IFA法人に正社員として採用されるか、IFA法人と業務委託契約を結ぶかのいずれかを選択することになる。求人広告の内容をチェックする際には、正社員なのか業務委託契約なのかをチェックしておこう。

正社員として採用される場合、安定した給与に加えて福利厚生などが充実している点が魅力だ。

一方で業務委託契約の場合は、自由な働き方を実現できる上に高い給与を目指すことも可能である。それぞれの働き方の特徴を理解し、自分に合った働き方ができる求人広告を選ぼう。

IFA個人へのバック率

IFA法人と業務委託契約を結ぶ場合、顧客への仲介手数料の一部がIFA個人に還元される。手数料から還元される割合のことを「バック率」と言い、各IFA法人によって割合は異なるため確認しておこう。

一般的に業務委託契約のバック率は50%〜70%前後と言われている。

ただし、バック率が高いとその分サポートが不十分なケースもあるため、バック率とサポート体制の充実度を比較しておこう。

法人の特徴と自分の性格が合うか

IFA法人は、当然のことながら会社によって雰囲気は異なる。「法人の雰囲気と自分自身の性格がマッチしているか」という点も求人選びでは重要だ。

例えば、チーム全体で売上目標を目指す環境の場合、協調性の高さが求められる。

一方で個人での成果が求められる職場の場合は、1人で黙々と仕事を進める性格の方が合うだろう。事前に口コミなどをチェックして、企業の雰囲気と自分の性格にミスマッチがないかをリサーチしておこう。

取り扱う金融商品の種類

IFA法人は自社で金融商品を持っておらず、提携先の金融機関の商品を取り扱っている。提携先によって提案できる商品が異なるため、IFA法人がどの金融機関と提携しているのかを事前に確認しておこう。

また、IFA法人では株式や投資信託以外のサービスを提供する場合も多くある。

例えば、以下のようなサービスを取り扱う可能性があることを頭に入れておこう。

  • 生命保険
  • 相続・贈与
  • 不動産投資
  • ヘッジファンド
  • M&A

求人広告や公式サイトなどをチェックし、どのようなサービス・商品を取り扱っているのかを確認しておくことをおすすめする。

転職エージェントを活用しよう

IFA法人への転職を考えている場合、転職エージェントを利用することも視野に入れよう。キャリアアドバイザーが適正を見極めて求人を探してくれるほか、面接の対策まで対応してくれる。働きながら転職活動を進めるのは大変であるため、転職エージェントが負担を軽減してくれるのは大きな魅力と言えるだろう。

また、転職エージェントのメリットは転職のサポートだけではない。ほかの転職サイト・求人サイトなどには公開されていない「非公開求人」を紹介してくれる点も転職エージェントを利用するメリットだ。非公開求人は公開されている求人広告よりも好条件であるケースが多い。転職エージェントを利用しないと紹介を受けられないことが多くあるため、良い条件の案件を探すためには転職エージェントの利用がおすすめだ。

現在日本には多くの転職エージェントサービスが存在しているが、なかにはIFAへの転職に特化したアドバイザーナビ株式会社が運営する「IFA転職」がある。

IFA法人の求人案件が多く集まりやすいため、IFAへの転職を考えているのであればIFA特化の「IFA転職」を利用してみよう。

まとめ

IFAの求人広告に応募する方法は、一般の企業に応募する際と基本的には変わらない。

ただし、金融機関での実務経験が求められたり、証券外務員一種の資格が必要だったりするケースが多いため、事前に求人広告をチェックしておこう。

おわりに

IFAになる際に、基本的にはどこかの法人に所属する形を取ることになる。
しかし、全国には約650社ものIFA法人があり、情報を取ることや比較することが難しい。

また、

「どのぐらい収益があれば生活が安定するのか?」

「皆どのようなビジネスをしているのか?」

等、IFAになること自体に対する不安の声も多い。
IFAへの転職に悩んでいる方は、ぜひIFA特化型の転職エージェント「アドバイザーナビ」に相談してみて欲しい。
外資系プライベートバンカー、大手・中堅証券会社のリテール、銀行の資産運用担当者(FA・FP)の方まで多数の支援実績があり、業界のことを非常に熟知している。
また、弊社のメンバーは大手証券出身者であるため実務に関しても非常に詳しい。まずは情報収集をしたいといったカジュアルな形からでも無料で面談ができるので、お気軽に相談してみてほしい。

最近は異動時期や賞与の時期が近いということもあり、毎日多くのご相談をいただいている。
現在、弊社代表も現場に出て転職エージェントとして面談をしているが、面談予約枠に限りがあるので早めの申し込みをおすすめする。

面談のお申し込みは下記フォームからお申し込みを。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次