MENU

【金融業界向け】転職前に準備すべきポイントとは?

  • URLをコピーしました!

転職を成功させるためには、しっかりと前もって準備を行うことが大切だ。

本記事では、退職する会社と転職先の会社それぞれで気を付けるべきポイントを解説していく。

目次

退職時に準備すべき5つのポイント

転職をする際は、スムーズに退職手続きを進めることを心がけよう。これまでお世話になった会社に迷惑をかけることのないように、スケジュール感に余裕を持つことも大切だ。ここでは、退職時に準備すべき5つのポイントを解説していく。

退職までのスケジュール

退職を申し出る際は、引継ぎに十分な時間を割けるように配慮をしよう。たとえば「担当顧客が多く、引継ぎに時間がかかる」といったことが想定される場合は、社内規定よりも早く退職を申し出るといった配慮を心がけたい。

また、退職の時期にも気を付けることが大切だ。繁忙期は避けるようにして、なるべく周囲に迷惑がかからない時期を選ぼう。

必要書類の作成

退職を申し出た後は、必要書類の作成に取り掛かる流れとなる。後任への引継ぎ書類は記載漏れのないよう十分な注意が必要だ。特に担当顧客への対応で気を付けるべきポイントや、月次・年次での必要手続き、イレギュラーな対応が必要となる業務などは細かく記載しておこう。

また、人事への提出書類も期日内に提出する必要がある。退職時期が迫ってからバタバタと手続きをすることがないように、前倒しで書類を提出することを心がけよう。退職日に返却する備品なども前もってまとめておくことがおすすめだ。

担当顧客への挨拶まわり

担当顧客への挨拶まわりは、計画を立てて行いたい。突然の退職で顧客や後任に迷惑をかけることのないように、退職時期や後任の引継ぎについては顧客へしっかりと説明しよう。

その際、大切な大口先顧客については、後任担当者や上席と一緒に挨拶に行くといった配慮も欠かせない。スケジュールの都合上、直接挨拶ができなかった顧客についても、電話や手紙で挨拶を伝えるなど失礼のないように注意しよう。

社内でお世話になった人への挨拶

社内でお世話になった人への挨拶も大切だ。特にお世話になった人については、周囲から退職の事実が伝わることのないように、早めに自分の口から退職する旨を伝えたい。

また、退職の理由について尋ねられた場合は、決して会社の悪口や愚痴を言わないことも心がけたい。あくまでキャリアアップやスキルアップなど前向きな理由で退職すること、お世話になって感謝していることを伝えよう。

公的な手続きの確認

退職時には、健康保険や年金などの公的な手続きも発生する。特に、転職先への入社までの間にブランクがある場合は注意が必要だ。

たとえば、健康保険は任意継続を行うのか、国民健康保険へ切り替えるのかといった選択をしなければいけない。場合によっては毎月の支払額が大きく増える可能性もあるため、シミュレーションをしてどちらの選択肢が良いのかよく検討することがおすすめだ。

その他、雇用保険や年金の手続きも必要となる。退職の際に受け取る源泉徴収票や離職票は、こうした手続きで必要となることがあるため、紛失しないように管理しておこう。

入社前に準備すべき5つのポイント

転職先の企業へ入社する前や転職活動中にも気を付けるべきポイントがある。ここでは、5つのポイントについて解説していこう。

転職の目的を明確にする

転職をする理由は、「自分のスキルを伸ばしたい」「年収をアップさせたい」など人それぞれだ。転職活動を行う際は、まず自分が転職をする目的をクリアにしよう。ただ何となく転職活動を進めてしまうと、納得のいく転職先が見つけられなかったり、キャリアアップにつながらない転職となる可能性がある。

「なぜ転職をするのか」という自分の軸をはっきりさせておくと、転職先も選びやすいだろう。

転職する業界の情報収集を行う

転職活動では、より多くの情報収集を行うことを心がけよう。金融業界内で転職する場合でも、証券会社や銀行、保険会社ではそれぞれ業務内容も大きく異なる。

転職した後に「事前のイメージと違った」といったことにならないよう、事前にしっかりと下調べをしておき、転職の目的に合致する企業を選ぶことが大切だ。

入社までのスケジュール

入社前のスケジュールについてもよく確認しておきたい。たとえば「内定後はなるべく早く入社してほしい」と言われた場合、前職の会社をバタバタと退職することにもなりかねない。気持ちよく退職をするためにも、転職先への入社のスケジュールは余裕を持って組んでおくことが大切だ。

また、転職にあたって引っ越しを伴う場合は、入社前に引っ越しをきちんと終えられるように予定を立てよう。特に3月などの年度末は引っ越しの件数が多く、希望通りの日程で引っ越しの予定が組めないこともあるため注意が必要だ。

採用条件や社風をよく確認する

転職活動を行う際は、採用条件や社風をよく確認することが大切だ。たとえば、業務内容や勤務時間、待遇についてはよく確認しておきたい。

特に給与や報酬などは質問しづらい面もあるかもしれないが、転職をする上で非常に重要なポイントでもある。遠慮せずにしっかりと確認しておこう。

不安な点や疑問点は入社前に解決する

採用条件の他に不安な点や疑問点がある場合は、曖昧にせず入社前に必ず解決しておきたい。たとえば社内でのキャリアステップや、産休・育休制度、人事評価制度など、気になる点は積極的に質問しよう。

入社後にギャップを感じてすぐに退職するようなことになってしまっては、自分の職歴にマイナスとなるだけでなく、転職先の企業にも迷惑が掛かってしまう。転職活動では、自ら積極的に質問をする姿勢も大切にしよう。

まとめ

本記事では、転職前に準備すべきポイントについて解説してきた。転職をする際は、退職する企業と入社する企業それぞれに配慮をすることが大切だ。

また、「なんとなく今の仕事が合ってないから転職したい」という動機ではなく、しっかりと転職の軸を作っておくことも忘れないようにしよう。「なぜ転職をするのか」といったことがクリアになっていれば、転職先も選びやすいだろう。

転職のご相談はこちら

氏名

性別

年齢

現勤務先
(無職の場合は元勤務先)

メールアドレス

お問い合わせフォームにおける個人情報の取り扱いについて
1.組織の名称又は氏名
アドバイザーナビ株式会社2.個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
大里佳 所属:管理部 TEL:03-3527-27163.個人情報の利用目的
・採用
1 採用に関する選考・決定
2 サービスについての調査

・その他お問い合わせ
1 お問い合わせ、ご相談への対応

4.個人情報の取り扱い業務の委託
個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5.個人情報の開示等の請求
お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。
その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。
なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。

アドバイザーナビ株式会社 個人情報問合せ窓口
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町8-1
TEL:03-3527-2716 (受付時間 10:00〜19:00  ※土曜日、日曜日、祝日、及び年末年始を除く)

6.個人情報を提供されることの任意性について
お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。

  • URLをコピーしました!
目次