MENU

IFAはどのような人がなっている?成功・失敗する人の特徴も解説

個人の投資に対する関心の高まりもあり、資産運用のアドバイスを求めたいニーズが高まっている。

従来では「投資・資産運用に関するアドバイスなら証券会社の営業担当」というイメージもあるが、近年では、独立系ファイナンシャルアドバイザーであるIFAを利用するケースも増えている。

IFAは扱える金融商品の幅も広く、転職先として検討している人もいるだろう。

この記事では、IFAに興味がある人に向けて、IFAがどのような業務をしているのか、成功・失敗している人の特徴をまとめた。

IFAで成功するためのポイントも解説しているので、IFAで成功を収めるのがどのような人か知りたい人はぜひ参考にしてほしい。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

目次

IFAとは

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略で、独立系ファイナンシャルアドバイザーや資産運用アドバイザーなどと言われる。

特定の金融機関に所属せず、個人向けに金融商品の提案・提供をするアドバイザー業を行うものだ。

IFAの場合、「独立系」という言葉が表すとおり、証券会社や銀行などからは独立した立場で活動しているのが大きな特徴である。

IFAは「金融商品仲介業者」という登録・認定を受けており、証券会社と業務委託契約を直接締結するか、IFA法人と業務委託契約または雇用契約を締結する。

直接またはIFA法人経由で契約を締結した証券会社が扱う金融商品を取り扱うことになり、経営自体は独立性を保っていることから、「独立系」ファイナンシャルアドバイザーと呼ばれるのだ。

FPとの違い

資産運用のアドバイス業と聞くとFPをイメージするかもしれないが、IFAとFPの違いは以下のとおりである。

  • IFA:金融商品を扱い、資産運用に関する直接的なアドバイスができる
  • FP:家計のライフプラン設計や改善がメインで、資産運用の具体的なアドバイスはできないことが通常

後述するが、IFAとして活動するには証券外務員資格が必須で、同資格がなければ金融商品の具体的な提案はできない。

FPの場合、ファイナンシャルプランナー資格を取得すればなることができ、ハードルは相対的に低いと言える。

FPとして活動する人のなかで証券外務員資格を取得するケースはあまり多くなく、IFAのほうが取り扱う業務範囲は広い。

また、生命保険や損害保険の提案・契約にもそれぞれ資格が必要であることも覚えておこう。

まとめると、FPはライフプラン作成や家計改善のアドバイスに重きを置いており、資産運用に関しては概観的なアドバイスまでなら可能だ。

IFAの場合は証券外務員資格を取得するため、資産運用のアドバイスを中心に、必要に応じて業務範囲を拡大させられるという違いがある。

IFAで成功しているのはどのような人か

IFAの概要は上記のとおりで、資産運用のプロとして、個人向けに最適な金融商品の提案を通じて顧客の資産増加に貢献するのが大きなミッションの一つだ。

IFAは大学を卒業して新卒で目指すものではなく、基本的には証券会社や銀行など、金融業界で知識や経験を積んだのちの転職先や次なるキャリアとして目指すものである。

IFAに転身するのであれば、多くの人が現職よりも高待遇を獲得し、成功を収めたいと考えるだろう。

ここでは、IFAで成功している人に共通する特徴をさまざまな切り口で解説する。

以下の内容を踏まえて、自身に当てはまるか考えてみてほしい。

前職

アドバイザーナビが218名のIFAに実施したアンケート調査によると、IFAになる前の職業割合は以下のとおりだった。

  • 証券会社:69%(大手45%、外資2%、その他22%)
  • 銀行系:7%(メガバンク4%、その他3%)
  • 保険系:16%(保険会社6%、保険代理店10%)
  • その他:8%(不動産会社1%、税理士1%、その他6%)

約7割が前職として証券会社で勤務しており、働き方や雇用形態が変わるだけで、仕事の本質部分は変わらない点に仕事のしやすさがあるのだろう。

全体の90%が広義の金融業界であり、IFAの業務の性質上、個人のお金に関する悩みをトータルサポートできる幅広い知識を備えているほど活躍しやすいことが推測できる。

ちなみに、IFAとして活動する人の年齢に関しては、以下の割合となっている。

  • 36〜40歳:23%
  • 31〜35歳:22%
  • 56〜60歳:10%
  • 〜30歳:9%

IFAとして活動する人の45%が30代であり、大卒で入社した金融系企業で10年ほど働き、次なるキャリアとしてIFAを選択するケースが想定される。

その他の年齢層はほぼ横ばいで、30歳以下でIFAになった人も一定数存在し、働き方の多様化という目線からもIFAが注目されているのかもしれない。

顧客との関係性

IFAの基本的な報酬体系は、顧客と契約できた内容に対する手数料がメインである。

要するに、顧客との関係性が強力であればあるほど信頼の大きさにつながり、顧客からの預かり資産(契約)に直結するのが現実だ。

そもそも、IFAが日常的に行う業務は以下のとおりである。

  • 証券会社の仲介役として金融商品の提案・販売
  • 保有している金融商品のアフターフォロー
  • 節税対策の提案
  • 保険商品の提案・販売

顧客の資産を増やすのは大きなミッションであるが、節税や相続対策なども重要な提案ポイントだ。

相手の立場に立って親身に提案できると、顧客からの信頼も獲得しやすいだろう。

IFAとして活躍するには、広く浅い関係性よりも、狭く深い人間関係の構築を意識すべきだ。

提案できる幅が広いからこそ、顧客と長期にわたって良好な関係を築き上げることで、世代をまたいでも信頼されるIFAになれるだろう。

絶大な信頼を獲得することで、顧客から知人などの紹介を自然ともらえるようになるはずだ。

知識/経験

IFAとして成功できる前提として、各金融商品はもちろん、業界全般に関する広くて深い知識を備えていることが重要である。

IFAになる前は証券会社に勤務していた人が全体の約70%であり、勤務先で扱う金融商品の提案や紹介を、顧客に対して幾度となく行ってきた経験も十分備えているだろう。

証券会社出身だけでなく、銀行や保険会社においてもIFA業と近しい業務を扱うため、前提知識は異業種からの転職者に比べて豊富に備えているのが通常だ。

  • 個別の金融商品に関する知識
  • 金融商品ごとの特徴
  • 顧客のニーズを汲み取る力
  • 営業力やコミュニケーション能力

IFAとして活躍するには、上記を中心とした知識やスキル・経験が欠かせない。

バックボーンが何であれ、IFAとして成功するには一定程度の前提知識が必要になるのだ。

IFAを検討する際のおすすめの転職サイト

アドバイザーナビ株式会社が運営するIFA特化の転職エージェント。野村證券出身者が立ち上げたサービスで、IFAへの転職利用満足度No.1、金融機関勤務者が転職に使いたいサービスNo.1を獲得。

会員数8万名以上、日本最大級のハイクラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されている。

IFAで失敗しているのはどのような人か

IFAで成功する人がいる一方、失敗してしまう人もいるのが現実である。

適材適所と言われるように、人には向き不向きがあるため、IFAが向いていない人は失敗確率が相対的に高まるのは無理もないだろう。

ここでは、IFAで失敗している人の特徴を3つの観点でまとめた。

これからIFAを目指す人は以下の内容を参考に、自身のキャリアプランを慎重に検討してほしい。

異業種からの転職

金融業界以外からIFAへの転職はあまりおすすめできないというのが結論である。

先ほどのアンケート調査からもわかるように、金融業界からIFAに転職した人の割合は90%を超えており、異業種から転職した人はごくわずかという結果だ。

もちろん、異業種から転職したことが失敗に直結するわけではないが、IFAの業務の特性上、金融業界から転職した人に比べてカバーすべき点が多岐にわたるのは否めない。

この点、IFAに限らず、異業種への転職は不足分を補うための努力が必須である。

IFAという業務への憧れが先行して異業種から転職を検討している場合は、証券会社などに勤務するか、IFA法人に正社員採用される形でキャリアを展開させたほうがよいだろう。

新規開拓に依存した形態

IFAとして活動する考え方や方針に関して、新規開拓をメインにするのも失敗する傾向にある。

もちろん、IFAとして活動の基盤をつくるには、新規顧客の獲得が欠かせない。

しかし、ある程度の顧客を獲得できた段階において、次から次へと新規顧客を獲得しようと奔走するのはあまりおすすめできないという話だ。

先ほど解説した成功する人の特徴の反対解釈であるが、新規開拓に依存するのは「広く浅い」関係性の構築につながる。

成功する人の特徴において解説したのは「狭く深い関係性」だ。

IFAの業務は、顧客から新規契約を獲得して終わりではない。

その後も長きにわたって顧客の資産形成に携わり、あらゆるサポートを提供して「お金のことならなんでも相談できる人」というポジションを獲得することが重要である。

新規を開拓するのも簡単ではないため、いつか頭打ちするタイミングが訪れるだろう。

そこで既存顧客に紹介先を求めても、良好な関係性を構築できていなければ紹介を受けられないのが現実だ。

営業手法の考え方として、新規開拓に依存するのは控えたほうがよいだろう。

金融知識の不足

金融知識が不足している人も、IFAで成功を収めるのは難しいと言わざるを得ない。

ここまで解説してきたとおり、IFAは顧客の資産運用を長期にわたってサポートすることを求められ、あらゆる相談に対して親身になって対応できるかどうかが成功の鍵を握る。

顧客の資産形成や資産増加をサポートするにあたり、さまざまな選択肢のなかから顧客に最適なプランや商品を提案するには、豊富な知識が欠かせない。

あらゆる顧客に対してワンパターンな商品の提案で対応できるはずもなく、状況に合わせたプランが必要なのは火を見るよりも明らかだ。

IFAとして活躍し続けるには、金融に関する知識が必要なのはもちろんだが、証券会社から出される新しい商品のリサーチやインプット、業界全体のトレンドなどのキャッチも欠かせないのである。

IFAで成功するには

IFAで成功する人と失敗する人の特徴を解説したが、ここでは、IFAで成功するためにできることをまとめた。

IFAに転職してキャリアアップを実現したい人はぜひ参考にしてほしい。

自身を客観視した状況整理

IFAとして成功するには、まずは自身を客観視したうえで、冷静に状況を整理しよう。

  • 新卒から現在に至るまでのキャリア
  • 金融関連の知識量と深さ
  • 得意な業務と苦手な業務
  • 取得している資格
  • 現職の満足度と不満
  • 現在の市場価値
  • 将来的なキャリアプラン

上記の内容を中心に、今のスキルレベルや今後のキャリアプランを踏まえて、IFAになることが最適な選択であるか検討してみてほしい。

場合によっては、IFAになる前に保険業界で知識をつけたほうがよいケースもあれば、証券会社で営業に自信をつけるのが最適かもしれない。

自身にIFAの適性があるのか、目指す前に冷静に立ち返ることは極めて重要である。

転職を後悔して今の職場に復帰することも不可能ではないが、基本的に後戻りは想定されない。

転職活動は事前準備を通じて方向性を冷静に見極めることが大切であり、まずは自身を客観視して状況を整理することから始めよう。

第三者への相談

IFAへの適性を客観視して判断しつつ、第三者にも相談してIFAへの適性や成功の秘訣を聞くことも重要だ。

知り合いにIFAとして活動している人がいるなら、現在の業務内容や充実度、前職との違い・イメージギャップなどについて聞いてみよう。

実際にIFAとして働く人から話を聞くのはもちろん、相談に乗ってもらい、客観的なアドバイスを受けることが重要だ。

自分としてはIFAが向いていると思っても、知り合い目線では向いていないと判断されるかもしれない。

もちろん、IFAとして活躍するためのヒントをもらえる場合もあるだろう。

失敗する確率を下げるためにも、第三者の意見は積極的に取り入れるべきだ。

もし、第三者からIFAになることを否定されて意見が揺らぐようであれば、IFAに転職しても成功できないだろう。

意思の強さを確かめる機会にもなるため、知人のIFAや転職エージェントなどの第三者に相談してみてほしい。

なるための準備

IFAとして成功するには、前提として活動できる準備が欠かせない。

IFAとして成功するための準備
  • IFA法人と業務委託契約または雇用契約を締結して転職する
  • 証券外務員資格を取得する
  • 必要に応じて保険募集人資格を取得する
  • 金融にまつわる広範な知識を身につける

IFAとして働くのであれば、IFA法人に所属するのが一般的だ。

もちろん、IFA法人を立ち上げて金融商品仲介業者の登録を受けてもよいが、ハードルの高さを踏まえるとファーストキャリアとしては非現実的である。

転職を決める前に、各種資格の取得も欠かせない。

証券外務員資格がなければ具体的な金融商品の提案や契約はできず、生命保険や損害保険の提案もしたい場合は保険募集人の資格も必要だ。

タイミングや順番は人それぞれだが、資格や知識の習得はIFAとして成功するには欠かせない。

IFAとしてやっていける自信をつけるためにも、日々の学習や自己研鑽は必要不可欠だ。

相談先として適切な転職エージェント

IFAとして活躍している人がいるのは事実だが、その数はまだまだごくわずかで、世間一般における認知度も低いのが現状である。

IFAへの転職を検討する際、情報も乏しいため、転職を成功させるためにはプロの力を借りるべきだ。

転職時の相談先として役立つのが、転職エージェントである。

プロのキャリアコンサルタントが、求職者とのヒアリングを踏まえて希望に合う求人の紹介をしてくれるのはもちろん、転職活動中の不安や疑問点をその都度解決してくれるのは大いに助かるだろう。

しかし、転職エージェントも千差万別だ。サービスによって強みが異なり、業界を横断して求人を扱うこともあれば、業界特化の場合もある。

いずれの場合においても、IFAに特化しているエージェントはごくわずかで、利用できるサービスは限定的というのが実情だ。

IFA転職に特化したエージェントの利用

「IFA転職(アドバイザーナビ)」は、業界でも数少ないIFAへの転職に特化したエージェントサービスだ。

キャリアコンサルタントはIFAを経験しており、求職者のニーズに丁寧に応えることができる。

提携しているIFA法人の数も豊富であり、希望に合う求人の紹介ももちろん可能だ。

さらに、転職後の顧客開拓や営業のサポートもしているため、駆け出し時期の不安も解消できるだろう。

「IFA転職」ならIFAへの転職活動をスムーズに進められるため、相談先に迷っている人はぜひ利用してみてほしい。

まとめ

IFAは金融機関とは独立した立場で、顧客に対して資産運用に関するさまざまなアドバイスを提供する仕事だ。

IFAとして成功を収めるのがどのような人であったかおさらいしよう。

  • 前職で金融系の業務を扱っている
  • 30代で活躍している人が多い
  • 狭く深い人間関係の構築を重視している
  • 金融業界に関する知識量が豊富

もちろん、上記に該当しないからといってIFAで成功を収められないわけではないが、業務の特性上、金融のプロとしてのセカンドキャリア的な位置付けになるのは間違いない。

IFAへの転職をスムーズに進めたい人は、IFA転職に特化したエージェントを利用しよう。

「IFA転職」なら、IFAを経験したキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれる。

どのような人がIFAでうまくいくか把握したうえで、自身のキャリアや状況を客観的に整理することから始めてみよう。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IFA転職を運営し、IFA専門転職支援サービスを展開。創業から100名以上のIFAへの転職を支援。また、アドバイザーナビ経由でのIFAになった方の転職者のコミュニティ「Club IFA」も運営しており、IFA業界の転職市場に精通している。

目次